カテゴリー「お酒・ワイン」の64件の記事

サッポロ黒ラベル当選♪

Img_1954

メールチェックしていたら、当選通知が!
なんとサッポロビールのメルマガにリンクしていた日本全国のご当地おつまみをつまむゲームに挑戦して、応募していた懸賞に当たったのでした。

というわけで、黒ラベル6本パックが送られてきました。ヽ(´▽`)/
やほぃ♪ かきキムチは、パスタをゆでて混ぜて牡蠣ペペロンチーノにしました。
神様、SAPPOROさま、ありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

灘菊酒造 前蔵

Img_1930

姫路城下の酒蔵、灘菊酒造さんでは、見学ブースや試飲・販売コーナーとともに、
お酒をおいしくいただけるレストランが併設されています。

団体用の西蔵と個人用の前蔵があります。
人気のレストランで、予約をいれなかったのに食事できたのはラッキー♪

Img_1923
ランチのコースは1620円、2160円、3780円のコースがありますが、
ウォーキング中ということもあって、1620円のコースで軽めにいただきます。

ローストビーフ、お造り、もずく、ゴボウの煮物、鰆の焼き物、公魚の佃煮と、
食前酒として冷やした上撰灘菊が、くいくいいただけてしまうものが並びます。
自家製ざる豆腐は、何もかけなくてもおいしくいただけます。

もちろん灘菊のお酒をいただくことができ、冷酒をお願いしました。

Img_1928

名前のごとく酒蔵を改造した店内は、まさにノスタルジック。
おちついた雰囲気です。

Img_1925

お鍋は酒造の酒粕で作ってあり、とてもおいしかったです。
お店のウリは、綿菓子で作るすきやきで、3780円のコースのみだけだそうですが、
負けてないと思います。

これに紫黒米がついており、もちもちしておいしいのですが、すでにくいくい飲んでしまっているので、おなか一杯。
デザートは、日本酒ゼリー。アルコールは飛ばしてあるので、運転も大丈夫だそうです。
ですが、日本酒いただいちゃってますもんね。(゚m゚*)

前蔵豆腐料理・湯葉料理 / 手柄駅亀山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハワ恋おかやまビールフェスタ2014

Img_1887
中国地方の地ビールを集めたハワ恋おかやま地ビールフェスタが開かれ、
日頃ちょっと高めの地ビールを堪能すべく参戦いたしました。

20枚の試飲券がついて前売り券3200円。
試飲券1枚が90CC となっており、受付でもらうグラスが180CC なので、20枚で1.8リットルのビールが飲める・・・・。∑(゚∇゚|||)

試飲券は二人、三人で使っても、開催期間3日間にわたって使ってもよいので、近くの人はいいな~。

Img_1885

ガラス製の特製グラスは先着1000名さまだそうですが、めでたくゲット。
食べ物は、現金で別売りとなっております。
地鶏のスパイシー焼きやら、だし巻き卵やら、いろいろ食べ物もそろっておりました。

Img_1886
おなかにたまるものを食べると、飲めなくなるとわかっていてもおいしいものは食べたーい。ヽ(´▽`)/
結局、20枚分も飲みきれず、そしてビールも3杯目ぐらいから味も香も違いがわからなくなるという状態で、敗北。(;´д`)トホホ…
試飲券をプレゼントして、喜ばれました。

Img_1888

会場内には、アロマオイルのお店なども出ており、オイルハンドマッサージ500円。
上質オイルたっぷりで、マッサージ♪

Img_1889

好みの香水を作ったりのコーナもありました。
最近は認知症に効くと言われるアロマなどもあるらしいですね。

ハワイアンマッサージロミロミがあり、NPOのためか20分1500円と低価格でテントの下、着衣のままマッサージ。こりこりの肩をかわいそうに思っていただいたのか、40分くらいしていただいて、しっかり癒されて帰りました。

いろいろな地ビールがあり、意外にも中国地方って地ビールのブルワリーがたくさんあるんだなの夕べでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サントリービール京都工場 見学ツアー

ウォーキングの後のお楽しみとして、サントリービール京都工場の見学ツアーを申し込んでおきました。

Img_1839

見学者用にJR長岡京~阪神西山天王山駅~工場への無料送迎バスが出ています。
ゴールが西山天王山駅ですから、うってつけ♪
バスに乗って工場へ行きました。

Img_1828

受付は、電話で予約の方がほとんどで、受付表に記入されてました。ネット予約ですと、直接受付へ出向いて良く、ネット予約のおみやげ証を見せると特製ビアグラス(工場内ショップで500円)をくれました。

係りの方といっしょに工場の見学が進みます。このへん、ウイスキー工場とよく似てます。

Img_1837

説明してくれた男性は、サントリー登美の丘のセミナーを担当した方と雰囲気似ています。こういったスタッフは優しくて清潔感のある方がいいのでしょうね。

しかし、思えばわたくしサントリーウイスキー工場、サントリーワイナリー登美の丘、サントリービール工場と、よく工場見学行ってますね~。

Img_1834

お待ちかねの見学の後の試飲~。
プレモルがビールサーバーで提供です。

Img_1835

プレミアムモルツとおつまみ。
ウォーキングで適度な運動しておりますから、冷たく冷えたビールのおいしかったこと♪

Img_1836

試飲は3杯までで、1杯めはプレモル、2杯目はモルツとなり、飲み比べです。
よく冷えたグラスで提供されたビールは底のほうはフローズンのようになっていました。
どちらもおいしい~~~。ヽ(´▽`)/

試飲も入れて60分のツアーは終了。ショップで樽で燻製された鮭やソーセージなどのおつまみやらを買ってホテルでいただきました。
帰りも送迎バスを利用して、JR長岡京駅まで送っていただき、ラッキー♪

Img_1840

京都駅では、京料理の萬重さんのPOTORA店でディナー。
いつもながら上品なお味を堪能しました。

この日はわたくしの誕生日で、今年のお誕生日はかくして過ぎていきました。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

誕生日プレゼント?

Img_1820

思いがけない宅配便がとどきました。
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
そういわれれば、応募したような気がするなぁ。どうせなら、お茶よりはビールがいいと思ったのは覚えてるわ~。まさか当たるとは思ってなかったからサプライズです。

ヽ(´▽`)/わーい。キリンさん、ありがとう。ちょっと早いお誕生日プレゼントだ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふなおワイナリー

ドライブに行って、信号で止まったら、ふなおワイナリーの矢印のついた看板が目に飛び込んできました。
左折予定だったのを右折して、矢印に従って途中これで良いのかと迷いつつも、道中の普通の山道が急に開けて、ワイナリー発見。

Img_1807

意外に新しい。( ̄▽ ̄)
中に入ってみますと、

Img_1812

倉敷ワインラベルのワインがカウンターの向こうに並んでおります。

Img_1809

ここ船穂ワイナリーは、マスカットオブアレキサンドリアという高級生食用のマスカットを原料にしたワインを作っているそうです。

Img_1811

超甘口、中口、甘口、、辛口と、マスカットで作るワインなので、すべて白ワインです。
甘いマスカットで作るので、辛口と言えど甘い。
香が引き立つのは、甘くない順かな。

後ろに見えるのはピオーネで作ったワイン。
こちらも、高級ブドウからつくる贅沢なワインです。
後方隠れていますが、ブドウのジュース(アルコール分0%)は、ドライバーさんでも飲めます。

ハーフボトルが販売されておりますので、甘口と辛口を購入してまいりました。
デザートワインとしていただくのが良いかな~と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西条酒蔵めぐり~白牡丹~

Img_1644

白牡丹さんは、最初人けがなく、おじけずいて通り抜けたのですが、再度訪れると先客があり、プチセミナーが行われておりました。

Img_1666

酒米に麹を混ぜたものを試食させてくださいました。
お米が固めでしっかり噛まなければいけないのですが、とても甘くておいしいです。

Img_1665

先ほどふれられた精米の精度についての説明があり、それにつれて試飲のお酒が運ばれてきて、試飲します。
60%のお酒はあまく旨みがあり、30%のお酒は、すっきりと飲みやすいお酒と、はっきりと違いがわかります。

ちなみに若い男女のグループさんは、大学のゼミグループだそうです。専功は法学だそうです♪ 若いっていいですよね~。

おそらく彼らが予約されていて、プチセミナーが行われたのではないでしょうか。遭遇してラッキーでした。

そして、最後に甘酒がでてきました。これはアルコール0%の甘酒です。つまりお米と麹を合わせたが、発酵していないものです。ときどき家庭で造ったりもしますが、さすがプロの技でおいしくできてます。即購入です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西条酒蔵めぐり ~オブジェクト~

酒蔵通りを歩いていると、いろんなオブジェクトが見られます。

Img_1653

マンホールのふたも色鮮やかな酒蔵通りが描かれています。
酒都西条、醸華町はよく見かける言葉です。

Img_1657

西条瓦についての蘊蓄。
西条辺りでは、石州瓦の流れをくんで、ガラスのような光沢の赤い屋根に鯱鉾や鬼などが乗っているのが見られます。

Img_1658

有名人の描いた酒の文字の展示など、足を止めて読むのもほろよい気分も手伝って良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西条酒蔵めぐり~福美人~

Img_1654

全国の酒造業者らが出資して大正6年に創業。優秀な杜氏を育てて全国の蔵元に送り出され、『西条酒造学校』と呼ばれたそうです。

Img_1656

酒袋をつるしたまま自然に濾されるしずく酒が1杯200円での有料試飲ができます。
これは、もう味わいも深く最高級のお酒です。
日本酒は絞り方も、手搾りと機械しぼりでは味が違いますし、奥が深いです。

Img_1655

年末の風物詩干支ボトルは、出荷数日本一だそうです。今年の干支の馬ボトルも売ってましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西条酒蔵めぐり~賀茂泉~

Img_1649

けっこうハイペースで3蔵目の賀茂泉に到着。
最初の躊躇はどこへやらで、ずんずんと入って行きます。
しかし、酒蔵通りは普通に道路ですので、車がびゅんびゅん走るので注意が必要です。

Img_1650

入口には時代ものの酒器などが、展示してあります。

Img_1652

昔のお酒とともに、お酒の入った冷蔵庫が並んでおります。( ̄ー ̄)ニヤリ
賀茂泉さんでは、若い男性の方が接客してくださり、輸出されているとのこと。

グラスワインで飲む日本酒というイベントに出品された赤い日本酒(麹の色)COKUNやライスパワーエキスを入れたその他の醸造酒(酒税法上日本酒とならないらしい)COKUN+など、おもしろいお酒がありました。瓶やパッケージもとてもオシャレです。

若い人の日本酒離れ対策なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧