カテゴリー「グルメ・クッキング」の107件の記事

灘菊酒造 前蔵

Img_1930

姫路城下の酒蔵、灘菊酒造さんでは、見学ブースや試飲・販売コーナーとともに、
お酒をおいしくいただけるレストランが併設されています。

団体用の西蔵と個人用の前蔵があります。
人気のレストランで、予約をいれなかったのに食事できたのはラッキー♪

Img_1923
ランチのコースは1620円、2160円、3780円のコースがありますが、
ウォーキング中ということもあって、1620円のコースで軽めにいただきます。

ローストビーフ、お造り、もずく、ゴボウの煮物、鰆の焼き物、公魚の佃煮と、
食前酒として冷やした上撰灘菊が、くいくいいただけてしまうものが並びます。
自家製ざる豆腐は、何もかけなくてもおいしくいただけます。

もちろん灘菊のお酒をいただくことができ、冷酒をお願いしました。

Img_1928

名前のごとく酒蔵を改造した店内は、まさにノスタルジック。
おちついた雰囲気です。

Img_1925

お鍋は酒造の酒粕で作ってあり、とてもおいしかったです。
お店のウリは、綿菓子で作るすきやきで、3780円のコースのみだけだそうですが、
負けてないと思います。

これに紫黒米がついており、もちもちしておいしいのですが、すでにくいくい飲んでしまっているので、おなか一杯。
デザートは、日本酒ゼリー。アルコールは飛ばしてあるので、運転も大丈夫だそうです。
ですが、日本酒いただいちゃってますもんね。(゚m゚*)

前蔵豆腐料理・湯葉料理 / 手柄駅亀山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

笠岡ベイファーム

Img_1875


道の駅笠岡ベイファームのポピーが見事だと聞いて、鑑賞に参りました。
平日ということもあって、シニアの方がグループやご夫婦でいらしてました。

Img_1876

見渡すかぎりポピーが咲き乱れ、入場料無料ですから一眼レフを持ったアマチュアカメラマンが珍しくありません。

目で楽しんだあとは、味覚も、ということでベイファームの中のレストラン四季彩のランチバイキングをいただきました。入場人数に制限があるので、11時オープンといえど、10時半ごろから名前を書いて予約です。

Img_1877

無事1便で入場。地産の食材を使った温かいお料理、冷たいお料理、デザートにソフトドリンクが並びます。
さらに名物笠岡ラーメンのハーフサイズをたのむことができます。

Img_1878
笠岡ラーメンたのんでみました。鳥ガラスープのラーメンです。
全体的に味は濃いめだと思います。が、出来立てのお料理がならんで、満足です。
大人1200円ですが、JAFの会員証を提示で、1割引きにしてくれました。

笠岡ベイファームレストラン(その他) / 笠岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

彦根のひこにゃん

Img_1863
彦根城は、琵琶湖を望み、北陸と近畿の交わる所、また一山超えれば関ケ原といった位置にあり、安政の大獄で有名な井伊直助が藩主となったり、戦の要所として栄えました。

彦根城博物館には、甲冑や美術の教科書にでてくる彦根屏風など、見どころ満載で、姫路城にならって世界遺産になることを視野にいれているそうです。

博物館の中には能舞台などあり、それを囲むように現代的な座席が設けられていて、能が演じられたり上質で贅沢な時間が過ごるようになっています。

Img_1858

抹茶席があったので一服。
抹茶席はけっこうどこでもあるものの、本格的な生の和菓子が出されて感動いたしました。5月のお菓子は井伊氏の家紋でもある橘です。

Img_1860_3

青もみじのお茶碗で出され、能舞台を眺めながらいただくお薄は、格段のおいしさでした。
また彦根城では、ゆるキャラブームの火付け役になったひこにゃんと遭遇できるのですが、博物館で過ごしていて、会うことができませんでした。

だって、持ち主が点々としたと言い伝えのある『龍笛』という笛やら『水龍』というアジアン風な琵琶など、手に取ることができたら百鬼夜行の世界に引き込まれそうな楽器などが展示されているのですから、妄想が爆発します。

Img_1867

彦根城を望むところにあるどら焼き虎てつのひこにゃんどら焼き。
あまりのラブリーさに買い求めました♪

Img_1865_2
その並びにある伊吹そばのお店つる亀庵の天丼。
しっかりボリュームありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビッグビーフカツランチ

西条酒蔵めぐりをする前にランチで腹ごしらえしておこうと入ったのが、ほんまもんという焼き肉やさん。
ランチの表示がミンチカツとチキンカツなど、ボリュームがありそうだったので、ビーフカツなら1枚だし、と思って注文しました。

Img_1641

大きさが分かるでしょうか・・。w(゚o゚)w
写真より大きいやん・・・・。!(・oノ)ノ
ライスとスープがついて1000円也。やすっ!
デミグラスソースも甘口でおいしい。おいしいけど・・・
おいしいけど・・・

Img_1643

無理。
もちろん、ライスなんか手つかずですわ~。

後ろの席の若いサラリーマンさん達は、これで700円とか言ってがんばっておられましたから、チキンカツとポークソテーのランチだったんでしょう。
みごと平らげておられました。

もう一度リベンジしてすべて平らげてやりたいです。

ほんまもん 西条店焼肉 / 西条駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

串カツやで。

所用があり、大阪へ行ってきました。
大阪といえば、庶民の町、安くておいしいものがたくさん。
友達の連れて行ってくれたのは、道頓堀にある串カツ屋さん『だるま』

Img_1465
俳優の赤井秀和さんが、おいしいと言われたので有名になったとか。
私たちも入ったのは早い時間でしたので、すぐ席につけましたが、帰りは行列になってました。
Img_1463
マスコットキャラクター(?)のオヤジさんのようです。
ソースは2度は付けません・・・。
Img_1460
右奥が、その2度づけ禁止のソース。
大阪人によると、串カツやさんはたくさんあるのですが、このソースがお店によって、微妙に配合が違うのだそうです。
二度づけしないソースは濾されて次のお客さんに使われるわけです。(^-^;
Img_1461
とりあえず、セットでお願いしました。
もち、ウインナー、うずら。オクラ・・・とまぁ串揚げとしてはオーソドックスな素材。
これはセットの半分が揚げたてで出てきたもの。
やはり串カツは揚げたてがおいしいですもんね。
ビールと串カツで、オジサン化した我らは、仕事上の話でもりあがりました。
利害関係がなく、事情がわかり共有できる人とは本音で話すことができてストレス解消になりますね。

元祖串かつ だるま 道頓堀店串揚げ / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

タッチペンでオーダーが楽しい♪

Img_1342

全品280円(税コミ294円)の焼き鳥屋さん、なかなか人気らしいと聞いて行ってみました。
開店したてで、店内は余裕があったのですが、すでに焼き鳥は炭火の上で焼かれていて、オーダーしたらすぐにでも出てきそうな様子。

Img_1344

ここはメニューオーダーからお冷までタッチペンで注文をします。
最近開店寿司やさんは、タッチパネルで注文が多くなりましたが、
タッチペンはまだまだ珍しいです。

Img_1345

飲み物も280円。これって、安いのかしら?
安く提供できるように、タッチペン利用なんでしょうね。

メニューの印のところをタッチしてから、数字をタッチ、
入力、注文するをタッチしていって~と行った流れになります。
タッチすると声もでるので、なんだかおもちゃ感覚で注文してしまいます。

家族連れが多いのはこんなところにも原因があるのかもしれません。

Img_1343

鳥皮、鳥三郎サラダ、おろしポン酢しいたけと、どれもおいしい。
釜めしも280円というお手軽さ。メニューもたくさんあって、楽しめました。

鳥三郎 福山三吉店焼き鳥 / 福山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ベジタブルな朝食

ザ・ゲートホテル雷門の朝食は野菜がたっぷりのメニューに加え、
手搾りのしぼりたてオレンジジュースがいただけます。

Img_1297

砂糖も何も加えなくても、甘いオレンジジュースです。ちょっと感激ですね。
クールでスタイリッシュな雰囲気のお店ですが、
これを見ると一気に親しみやすくリラックスしていただける気がします。

Img_1302

レストランの前にもベジタブルステーションと明記されており、
正直あまり期待していなかったのですが、野菜のおいしさがわかるし、
パンも上質で満足感高いです。

Img_1298

メイン料理をスクランブルエッグかエッグベネディクトから選びます。
次にコーヒーか紅茶を選ぶと、大ぶりなオリジナルカップにサービスしてくれます。
パンやサラダはセルフとなって、どれもおいしそうです。

けれど、メインのエッグベネディクトがマフィンの上にのっているということで、
パンをとるのを控えて待ちます。

Img_1300

これが、朝食一押しのエッグベネディクト。ヽ(´▽`)/
ポーチ・ド・エッグのおしゃれ版てとこでしょうか。イングリッシュマフィンにベーコンと卵、サーモンと卵がチーズがけで焼き目がついてます。

Img_1299

食器もスマートで素敵です。これだけで、お腹いっぱいなのですが、
最初にサービスされるバターがおいしそう・・・。

Img_1301

心残りになってはいけないと、パンをとってきてつけて食べました。
これ、むっちゃくちゃおいしいです。思わずもうひと切れパンをとりに行きました。 

メニューにエシレと明記されてますね~。ググったら、やはり有名シェフ愛用の品でした。
http://www.echire-online.jp/echire/9.3/46191/

これで2100円はコスパ高いと思います。

Img_1305

ロビーからは、スカイツリーが大きく見え、
左手には浅草寺や雷門が望めて、さらに満足度をあげます。

R レストラン&バービストロ / 浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅浅草駅(つくばEXP)
昼総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

神谷バー

電気ブラン発祥の神谷バーは明治13年(1880年)に”みかわや銘酒店”として
洋酒の一杯売りを始め、明治14年にハチブドー酒、
明治15年に電気ブランデー(電気ブラン)を発売、
明治45年に西洋風のバーに改造し、日本で初めてのバーが誕生しました。

今の神谷ビルは大正10年(1921年)に建造され、
関東大震災(1923年)、東京大空襲(1945年)にも乗り越えた登録有形文化財だそうです。
平成の現在、営業を続けながら耐震補強工事を行っています。

Img_1294

浅草1丁目1番1号と記されていますね。
東武浅草駅と雷門のあいだ・・と言ってもいいでしょう。
レトロな雰囲気はすでにアトラクションっぽいです。

Img_1295

1階はバー、2階がレストラン、3階は割烹だそうですが、
メニューは昔の洋食コロッケやハンバーグといった懐かしいものが並びます。
とりあえず、1階の神谷バーに入りました。

まず入口で食券を買います。
その後の追加オーダーは、ホールの方に頼んで食券を買ってもらえます。
席は相席が基本なんだそうで、連れは横並びなのか向かい合わせなのかホール係の気分次第なのかな?

Img_1286

観光客が欠かせないのは電気ブラン 260円。
電気がめずらしい明治の頃、目新しいハイカラなものは電気○○と呼ばれた時代。
ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、薬草などがブレンドされたカクテルが電気ブラン。当時はアルコール45度という強さがビリっとくる電気のイメージとイメージが重なったようです。

ただ現在の電気ブランはアルコール30度。
それでも、アルコールに弱い私なぞには、とてつもなく強い。(@Д@;

Img_1287

電気ブランオールド 360円。
アルコール40度ですが、意外にこちらのほうが飲みやすいです。

Img_1288

ハチブドー酒・赤 260円、甘いワインです。明治の女性の頬を赤く染めたのでしょうか。

Img_1289_2

電気ブランサワー 480円 ハイカラです♪

Img_1290

ビーフシチュー 1000円。自信があるだけにお肉のやわらかさはハンパないです。
デミグラスソースをたっぷりつけて、ジャガイモやニンジンを食べます。

Img_1291

カニコロッケ 710円。大ぶりなコロッケで、ひとりで2個は難しいです。
とても懐かしい、手作りの味がします。
そえられたスパゲティは、シチューのソースとからめておいしくいただきました。

そのほかにポテトサラダ 460円も、今のおしゃれでクールなバーとは違い、
本当に昔の洋食、庶民的な店内の雰囲気の中でいただきました。

Img_1292

さらに神谷ワイン 350円 というのをメニューにみつけて、オーダーしたら、
たっぷり入ったワインが運ばれてきて、びっくり。(゚ー゚;
なんだか風味というより、アルコール度数で勝負のようなワイン。

茨城のシャトーカミヤのワインなんでしょうか、創業者が同じですからね。
コレ飲み干したら、歩けるかな~~~~。

Img_1293

ハチブドーパンチ 390円 甘いカクテル、微炭酸で飲みやすい。
このほかに、隣の席の方たちが食べているのに触発され、
ナポリタンスパゲティー 610円をオーダーしたものの食べきれず・・。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
下町のにぎやかな酒場は、早々にひきあげるに限るということで寝込む前に退散です。

聞くともなしに漏れ聞こえる隣の方たちのお話から察すると、
どうも芸人さんと脚本家さんのグループのようで、なんだか顔みたことあるな~と思っていたと、後で連れに話したら、だよね~。と連れも同じことを考えていた様子。
浅草は演芸場がありますから、めずらしくない話なのかもしれません。

神谷バー洋食 / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鬼怒川温泉 あさやホテル

スカイツリートレイン乗車が目的でしたので、
東武観光のパックツアーで、あさやホテルに泊りました。
こういった大箱ホテルは久しぶり、朝夕とも気楽なブッフェスタイルのお食事となりました。

Img_1241

中心が吹き抜け、ガラス張りの3機のエレベーターが稼働するといった
バブル時代を彷彿とさせる建物の8階がブッフェ会場。
ともかく和・洋・中と種類が多く、
ドレッシングだけでも、こんなにバリエーションがあります。

Img_1239

デザートもゴージャスなディスプレイで、どれもおいしそう。
というのも、デザートまでにお腹がいっぱいになり、あまり食べられなかったからです。

Img_1236

通常並べてあるお料理とは別に、こういったオーダーしたり、
自分で作ったりといったコーナーも充実。

Img_1240

ツアーの特典として、グラスビールがついてきたのですが、
さらにこちらの出羽桜酒造の蝉しぐれという日本酒をオーダー。
グラスが運ばれてきたと思ったら、スパークリング日本酒でした。

これは、どちらかというお食事に合わせるおさけではなくて、
食前酒やデザート感覚のお酒かと思います。

Img_1234

もちろんソフトドリンクのバーはフリーでついてます。

Img_1233

ローストビーフやイワナの塩焼き、カニなども食べ放題。
どれも高級ホテルのバイキング並みにおいしかったです。

Img_1237

別腹のアイスクリームはベジタブルジェラード。
お野菜の味がしっかりいたします。(◎´∀`)ノ

あさや旅館 / 鬼怒川公園駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

懇親会ってね。

お暑ぅございます。

こう暑いと、数人集まれば懇親会(飲み会)しようぜとなり、
県外の方が多かったので、地元のおいしいものをいただいてほしいと
友人の紹介で『おいしい』と評判のお店を予約しました。

人気店ということで、1時間半の時間制限つき。(゚ー゚;
オープンなビアガーデンと迷ったのですが、ビアガーデンも2時間という時間制限制ですから、今回は『おいしい』を重視しました。

Img_1189

ざる豆腐、なすの煮びたし、野菜たっぷりポテトサラダ・・とどれもおいしかったです。
メニューには値段が記されておりませんので、初めての時はちょっとドキドキ。

遠方の友達に鰆のたたきや岩牡蠣などの瀬戸内のおいしいものを満喫してもらえました。
ビールもスーパードライと熟選が選べます。
じっくり飲めるなら、日本酒もいただきたいものです。

Img_1190

しかし、メニューが達筆すぎて読みずらいのが難点といえば難点だなぁ・・。
今度はメンバーの嗜好をつかんで、お店の方に伝えよう。

Img_1191

開店と同時に入ったのに、気がつくとカウンターも満席になっており、女性だけのグループなど、女性でも安心して入れるお店です。
そして、外に出るとまだまだ明るかったのでした。

酒囲屋本店居酒屋 / 西川緑道公園駅柳川駅郵便局前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧