« 奥祖谷二重かずら橋 | トップページ | 灘菊酒造 前蔵 »

軍師官兵衛ゆかりの地を歩く・朝日五私鉄リレーウォーク第3回

Img_1934

第3回のリレーウォークは、山陽電鉄沿線の大塩公園に集合、例によって、コースマップと参加証のバッジをもらって、スタート。

播磨灘を望む高台、小赤壁公園へと歩いていきます。この部分はコースがふたつに分かれていて、急な山道で短距離か、緩やかな坂道を行くか、選ぶようになっていました。
山道は、一人ほどしか通れない道ですので、それはまた別の混雑がありましたが、展望台もあり、播磨灘が見られました。

そのあとは、官兵衛の父の廟などを見ながら、ゴールを目指します。

Img_1936

ゴールは大河ドラマにちなんだ官兵衛ドラマ館。平成27年の1月まで設置されるそうです。お化粧直し中の姫路城の裾野といってよいところです。

Img_1938
ゴールで、スタンプと官兵衛の水、ドラマ館の割引券をもらいます。
今回は2、357名と少な目でした。

ドラマ館を観て、出口で割引チケットをもらって、どうせならと姫路城へ向かいます。

Img_1940

しっくいを塗り終えた姫路城。
平成5年12月に法隆寺とともに指定された日本初の世界文化遺産でございま~す。

白すぎるという話もありますが、このしっくいで塗り固めて、白く見える工法から白鷺城とよばれたのであって、年を経るとしっくいが黴て、黒くなるのだそうです。

足場とカバーが外されたといっても、まだ巨大なクレーンがありますし、天守閣内部は見学できません。その代り、官兵衛の歴史館というものが作られて、鎧などが展示されています。

Img_1939
最近のお城のパフォーマンスとして、コスプレのおもてなし軍団がおり、姫路でも弁慶、秀吉、なぜか伊達正宗といった方がおられます。この方はゲームを意識したキャラみたいです。かっこいいですね。

Img_1942


割引チケットで400円→200円で入場して、千姫のために作られたという西の丸(じつはこれを見学するだけで疲れた)と歴史館、お菊井戸、そして、官兵衛が奉納したのではないかと言われる十字架のついた庇瓦を見学しました。

気が付けば朝8時過ぎに姫路駅に着いて、すでに午後4時前。
一日姫路を堪能いたしました。もちろん汗だくで、着替えのTシャツ持って行って正解でした。


|
|

« 奥祖谷二重かずら橋 | トップページ | 灘菊酒造 前蔵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/56646908

この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛ゆかりの地を歩く・朝日五私鉄リレーウォーク第3回:

« 奥祖谷二重かずら橋 | トップページ | 灘菊酒造 前蔵 »