« かかしの里 | トップページ | 軍師官兵衛ゆかりの地を歩く・朝日五私鉄リレーウォーク第3回 »

奥祖谷二重かずら橋

Img_1901

かかしの里から剣山に向かって国道439を進むと、奥祖谷二重かずら橋があります。
観光バスの停まるかずら橋に比べると、山深く静かなところです。
500円の入場料を払い、看板の右下に続く階段を降りていきます。

10384544_635924819826854_6320528899

男橋は、一番大きい橋ですが、このとおりひっそり。それだけにゆらぎをよく感じます。

10313163_635924876493515_4718916906

下はこのように清流が、隙間からよく見えます。下の河原にも降りていくことができます。

Img_1913

男橋の横には滝があって川へ注いでおり、豊富な水は涼しさ満点です。

10364146_635924789826857_1154293166

梅雨入りしたばかりなのですが、緑が美しく眺めているだけで癒される気がします。

10390092_635924739826862_4955920874

小さ目の女橋、そして野猿と呼ばれる輿型の人力ロープウエイ。
これは、滑車など新しく整えられていて、乗り心地は外見よりはるかに快適・安定しています。

10417728_635924959826840_2154546076
野猿から女橋を望みます。その奥に男橋があるのですが、木々に隠れてしまっています。
橋と橋の距離は、そんなにあるわけではありません。
その昔男は男橋、女は女橋を渡っていたのでしょうか?

野猿に乗るのは楽しくて、2回も乗っちゃいました。
みなさん乗るのをためらうのですが、乗り心地が快適であることを告げると、最初はこわごわといった風なのに、乗ると楽しそうに乗っていましたから、私が取り立ててはしゃいでいたわけでもありません。( ´艸`)プププ

ロケーションもよく緑美しいところで、名所のかずら橋よりもいいな~と思うのですが、見通しの悪い、カーブの多い細い道の続く酷道439号が人を拒んでいるのだろうと思います。
しかし、だからこそ静かな美しさが保てているのかもしれませんね。




|
|

« かかしの里 | トップページ | 軍師官兵衛ゆかりの地を歩く・朝日五私鉄リレーウォーク第3回 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/56577402

この記事へのトラックバック一覧です: 奥祖谷二重かずら橋:

« かかしの里 | トップページ | 軍師官兵衛ゆかりの地を歩く・朝日五私鉄リレーウォーク第3回 »