« 唐草屋 | トップページ | 京都で中華 »

風呂敷の使い方

お目当てのてぬぐいを探していただいている間に、風呂敷バッグの作り方を教えていただきました。

Img_1734
大判の風呂敷を中表にふたつに折ります。
Img_1735
端に結び目を作ったら、中表のままひらくようにします。
Img_1736
両端をくるくると巻きます。
もう片方もおなじようにして、
Img_1737
同じ位置に結び目がくるようにします。
Img_1738
くるりとひっくりかえして、ひと結びします。
Img_1739
結び目の端を真結びにすれば、風呂敷バッグの出来上がり。
この大判の風呂敷と、目的の手ぬぐいを2枚買いました。
Img_1748
Img_1749
かわいいでしょ♪

|

« 唐草屋 | トップページ | 京都で中華 »

旅行・地域」カテゴリの記事

着物紀行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風呂敷の使い方:

« 唐草屋 | トップページ | 京都で中華 »