« タオル美術館 | トップページ | ケーオーホテル Ban San Kan »

ケーオーホテル 和華

ケーオーホテルは日本食研の系列会社だけに食事が売りのようで、
夕食は和会席、朝食は『心にのこる朝食』をいただくプランを利用しました。
和食は お食事処 和華。
ホテルは南プロバンス風の建物ですが、ここだけはテーブルといすではありますが、
和風のしつらえ。
スタッフのお迎えをうけて、席につくとお品書きがすでにおかれておりました。

Img_1404

まずは先付けのキノコの白和えと前菜の5種盛り。
秋を感じさせるしつらえですね。

Img_1405

造里(つくり)は、鯵鹿の子造り、中トロ角造り、来島鯛そぎ造り。
来島海峡の荒波でもまれた鯛は歯ごたえよく、トロも勝浦を思い出すおいしさでした。

Img_1407

焼き物は鰆の西京焼き。

Img_1406

蓋物は牡丹鱧。鱧は京都と違って瀬戸内では雑魚扱いですが、
料理人さんの技術で、まるで違う味わいになるんですね。

Img_1408

車海老化粧揚げ。揚げたてが運ばれます。

Img_1409

強肴として鴨ロースサラダ仕立て。
瀬戸内の魚づくしかと思いきや、メインといっても良いお料理に鴨肉のサプライズ。
鴨なのに、臭いもなく、ペーストをおもわせるような柔らかさです。
体調が良ければ、赤ワインオーダーしたのになぁ。

Img_1410

飯物の釜揚げちりめんご飯と赤出汁仕立て。
ちりめんじゃこは瀬戸内の名産、おしょうゆをたらしておいしくいただきました。

Img_1411

水物として、焼き茄子パイ。
ぱりっとしたパイ生地に、ジャムのように甘い茄子が包まれていました。
こちらも、あたたかくいただきました。
ただここで、入れたてのほうじ茶でも出ると言うことなしです。

量としては、食べきれないほどではありませんが、質と出される温度が良いのがよくわかるお食事でした。

ケーオーホテルその他 / 伊予桜井駅
夜総合点★★★★ 4.0

|
|

« タオル美術館 | トップページ | ケーオーホテル Ban San Kan »

オーベルジュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/53351577

この記事へのトラックバック一覧です: ケーオーホテル 和華:

« タオル美術館 | トップページ | ケーオーホテル Ban San Kan »