« 東京スカイツリー | トップページ | ベジタブルな朝食 »

神谷バー

電気ブラン発祥の神谷バーは明治13年(1880年)に”みかわや銘酒店”として
洋酒の一杯売りを始め、明治14年にハチブドー酒、
明治15年に電気ブランデー(電気ブラン)を発売、
明治45年に西洋風のバーに改造し、日本で初めてのバーが誕生しました。

今の神谷ビルは大正10年(1921年)に建造され、
関東大震災(1923年)、東京大空襲(1945年)にも乗り越えた登録有形文化財だそうです。
平成の現在、営業を続けながら耐震補強工事を行っています。

Img_1294

浅草1丁目1番1号と記されていますね。
東武浅草駅と雷門のあいだ・・と言ってもいいでしょう。
レトロな雰囲気はすでにアトラクションっぽいです。

Img_1295

1階はバー、2階がレストラン、3階は割烹だそうですが、
メニューは昔の洋食コロッケやハンバーグといった懐かしいものが並びます。
とりあえず、1階の神谷バーに入りました。

まず入口で食券を買います。
その後の追加オーダーは、ホールの方に頼んで食券を買ってもらえます。
席は相席が基本なんだそうで、連れは横並びなのか向かい合わせなのかホール係の気分次第なのかな?

Img_1286

観光客が欠かせないのは電気ブラン 260円。
電気がめずらしい明治の頃、目新しいハイカラなものは電気○○と呼ばれた時代。
ブランデー、ジン、ワイン、キュラソー、薬草などがブレンドされたカクテルが電気ブラン。当時はアルコール45度という強さがビリっとくる電気のイメージとイメージが重なったようです。

ただ現在の電気ブランはアルコール30度。
それでも、アルコールに弱い私なぞには、とてつもなく強い。(@Д@;

Img_1287

電気ブランオールド 360円。
アルコール40度ですが、意外にこちらのほうが飲みやすいです。

Img_1288

ハチブドー酒・赤 260円、甘いワインです。明治の女性の頬を赤く染めたのでしょうか。

Img_1289_2

電気ブランサワー 480円 ハイカラです♪

Img_1290

ビーフシチュー 1000円。自信があるだけにお肉のやわらかさはハンパないです。
デミグラスソースをたっぷりつけて、ジャガイモやニンジンを食べます。

Img_1291

カニコロッケ 710円。大ぶりなコロッケで、ひとりで2個は難しいです。
とても懐かしい、手作りの味がします。
そえられたスパゲティは、シチューのソースとからめておいしくいただきました。

そのほかにポテトサラダ 460円も、今のおしゃれでクールなバーとは違い、
本当に昔の洋食、庶民的な店内の雰囲気の中でいただきました。

Img_1292

さらに神谷ワイン 350円 というのをメニューにみつけて、オーダーしたら、
たっぷり入ったワインが運ばれてきて、びっくり。(゚ー゚;
なんだか風味というより、アルコール度数で勝負のようなワイン。

茨城のシャトーカミヤのワインなんでしょうか、創業者が同じですからね。
コレ飲み干したら、歩けるかな~~~~。

Img_1293

ハチブドーパンチ 390円 甘いカクテル、微炭酸で飲みやすい。
このほかに、隣の席の方たちが食べているのに触発され、
ナポリタンスパゲティー 610円をオーダーしたものの食べきれず・・。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
下町のにぎやかな酒場は、早々にひきあげるに限るということで寝込む前に退散です。

聞くともなしに漏れ聞こえる隣の方たちのお話から察すると、
どうも芸人さんと脚本家さんのグループのようで、なんだか顔みたことあるな~と思っていたと、後で連れに話したら、だよね~。と連れも同じことを考えていた様子。
浅草は演芸場がありますから、めずらしくない話なのかもしれません。

神谷バー洋食 / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

|
|

« 東京スカイツリー | トップページ | ベジタブルな朝食 »

お酒・ワイン」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/52929971

この記事へのトラックバック一覧です: 神谷バー:

« 東京スカイツリー | トップページ | ベジタブルな朝食 »