« 壺川 | トップページ | ホテル蒜山ヒルズ »

がいせん桜まつり

Img_0978

蒜山から車で15分ほどの新庄村で開かれたがいせん桜まつりに行ってきました。
岡山県で一番遅く咲くという桜も今年は早く咲いてしまい、散っている状態。
それでも、観光客は多く、駐車場を求める車があとを絶ちません。

Img_0972

がんせん桜の『がいせん』は日露戦争の勝利を祝ったことからつけられたそうですから、樹齢100年ほどで、そんなに古木の桜というわけではありませんが、この通りは出雲街道といって、古代から続く道であったそうです。

Img_0982

備州岡山城の鉄砲隊のパレードなどもあり、名物ひめのもち(名水とお米で作られている)や、アマゴ・イワナの串焼き、野菜たっぷりのカモ鍋などの屋台が並びます。
この日は4月も後半というのに霰が降ったりのお天気で、寒かったです。

Img_0987

新庄村のイメージキャラクターひめちゃんと美作国のイメージキャラクターかたみくんも登場です。初代美作守の上毛野堅身(かみつけぬのかたみ)をモチーフにしたキャラクターだそうです。ゆるキャラブームですから~。( ̄ー ̄)ニヤリ

お祭りで、イワナ、鹿シチュー、桜餅とお抹茶をいただき、
脇本陣を見学して、わさびの瓶詰をおみやげに気温6度の新庄村をあとに、蒜山に向かっていると、『天の岩戸』という看板を発見。
天の岩戸は宮崎じゃないの?と思いながら、ちょっと寄ってみることにしました。

山道を上ると、天の岩戸神社桜まつりの幟が並んで立っており、車が止まっていました。
そこには、天照大御神を祭神とする茅部神社がありました。
両側に桜の木が植えられた参道を行くと、碑がありました。

Img_0988

なるほど・・。宮崎も天孫降臨の伝説がありますが、古事記の里は出雲。
高天原があってもおかしくはない。
天の岩戸は茅部神社から山道を徒歩30分ほどとか。
( ̄Д ̄;; 寒いのに山道を30分歩くのって、自殺行為じゃない?

ということで、天の岩戸は次回訪れたときのお楽しみとしました。
下りの道で、『がいせん桜まつりと・・』とかかげた観光バスとすれ違いましたから、
私が知らないだけで、けっこう有名な観光地なのかもしれません。

|
|

« 壺川 | トップページ | ホテル蒜山ヒルズ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/51398682

この記事へのトラックバック一覧です: がいせん桜まつり:

« 壺川 | トップページ | ホテル蒜山ヒルズ »