« ヱヴァンゲリヲンQ | トップページ | 伏見ほろよい散歩 »

サントリー山崎蒸留所

Img_0739

TVでなんとなく見た記憶のある山崎蒸留所、ここの見学ツアー行ってみたかったんです。
無料の見学ツアーもありますが、今回はHPから2月限定のシングルモルト&ショコラセミナー(参加費1500円)を申し込みました。

Img_0703

京都駅からJRで14分ほどで山崎駅に到着。
山崎山荘美術館とは反対側の踏み切りを渡ったところにあります。
受付を済ますと、向かい側の建物の2Fで料金を払ってくださいとカードを渡されます。

Img_0704

ウイスキー館の1階は、ウイスキーの歴史博物館のようになっていて、出発までの時間を過ごせるようになっています。

Img_0705

ずらりと並ぶ原酒は圧巻です。どこがどう違うのかよくわかりませんが、綺麗。(^-^;

Img_0706

長年使用後の蒸留釜(ポットスティルというらしい)がモニュメントのように使われていたりして、別世界のような雰囲気がいいですね~。

Img_0711

とても見えにくいですが、右から左に赤玉ポートワインと書かれています。
アールヌボー調のポスターは時代を感じさせるとともに、洋酒のモダンさをアピールしています。
他のポスターには、滋養・強壮という言葉と共に書かれていて、今でいう健康食品みたいな扱いだったのでしょうか。
さて、時間が来て工場見学ツアースタートです。

Img_0713

まずは、向かいの工場へ移動して、2Fからスタートです。この日参加者も多く、2班に分かれてのスタートでした。

Img_0715 

綺麗に清掃された工場は、機械を操作・保全する人以外は無人状態。
ウイスキーはビールと同じく大麦から作るんですね。知りませんでした。
では、ビールと何が違うかというと、

Img_0716

蒸留するのがおおきな違い。だから、蒸留所か・・へんなとこに感心してしまいます。

Img_0717

部屋の中は、甘酒のような香りに満ちています。ポットスチルの形も少しずつちがっていて、いろいろな個性のある原酒を作っているそうです。
このときできた原酒は透明で色はついていません。

Img_0721

樽の中で熟成されることによって、琥珀色に色づくんだそうです。
樽にもいろいろあり、それがまたウイスキーに個性を与えます。

Img_0726

工場からでて、セミナー会場へ向かう途中に山崎の水について書いてあります。
お酒は、洋の東西を問わずお水がおいしいところでおいいしいお酒が作られます。
山崎が選ばれたのも、水が良いからだそうです。

Img_0733_2 

さて、お待ちかねのシングルモルトウイスキー&ショコラのセミナーです。
料金を払ったところで渡される名札に番号がついていて、席が決められています。

Img_0728

席には、山崎、山崎12年、山崎18年、白州、いっしょに味わう特製チョコの箱、謎のウイスキー、天然水のボトル、コップにはウイスキーの仕込み水、紙のカップは、アルコールに弱い方のために口にふくんだ後の処理用らしいですが、セッティングされています。

Img_0730

このように合わせるウイスキーとチョコが決められていますが、
一かけらづつ、他のウイスキーとも味わうので、全部口に放り込まないほうがよろしいです。

Img_0736

このためだけに有名ショコラティエが作ったチョコで、参加費はほとんどチョコ代ですと、ガイドについてくださった男性が言われてましたが、山崎18年は700mlで21000円いたしますから、ワンショットで元はとれるのかもしれません。( ̄ー ̄)ニヤリ

飲み進むにつれて、会場の参加者たちもにぎやかになります。
個人的には、甘いチョコよりビターなチョコのほうがウイスキーと合うような気がします。

Img_0737

4つのチョコとウイスキーを平らげそうになると、ロックアイスと、プレミアムソーダが配られて、謎のウイスキーは山崎で、これからハイボールを作ることがわかります。

Img_0738

たっぷりの氷にウイスキーを入れマドラーで混ぜ、氷が解けた分追加します。プレミアムソーダを静かに注ぎいれて、マドラーで1回だけ縦に混ぜます。
おいしいハイボールができたところで、工場特製のおつまみが配られます。
やはり王道の組み合わせですよね。
この後、有料の試飲できるカウンターがあるのですが、すでに回ってしまって、飲めませんでした。残念です。
見学記念のロックグラスもいただいて、楽しい時間が過ごせました。ヽ(´▽`)/

*オマケ

Img_0709

ウイスキーは長く熟成させるほど良いわけではないのですが、これ、どんなお味がするのでしょうね。

|
|

« ヱヴァンゲリヲンQ | トップページ | 伏見ほろよい散歩 »

お酒・ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/49446075

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー山崎蒸留所:

« ヱヴァンゲリヲンQ | トップページ | 伏見ほろよい散歩 »