« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

12月の女子会♪

毎週のようにご一緒する勉強会の方たちとご飯でも・・ということになり、
年代はバラバラなのですが、女子会を開きました。

Img_0584

女性好みの白いアーリーアメリカン風の外観の建物は、
近づくクリスマスのデコレーション。
サンタさんが、壁上り中です、泥棒じゃないですよ~。\(;゚∇゚)/

Img_0583

ドリアのメニューが豊富で、迷ってしまいます。
こちらは、お友達がオーダーした挟み揚げドリアですが、おいしそうです。
次に行ったら、絶対ドリア食べよう・・。

Img_0582

私のオーダーはこちらのひじきと枝豆のピラフとグリルチキンのプレート。ヽ(´▽`)/
お店の雰囲気と同じく食器もカジュアルな感じです。
ピラフのほうがお目当てだったのですが、チキンの柔らかさにびっくり。

これにフリーのサラダバーがついています。
野菜の種類も多いし、ドレッシングも数種あり、これで1050円ほどですので、
ドリンクを頼んでもリーズナブルです。

業界としては同じ集まりなのですが、法人や年代も違うので、
いろいろな話ができて楽しかったです。
しかし、ひとりの方は子どもより年下だった・・・。ガ━━Σ(゚д゚;)━━ン!!

レスト&カフェ キャティカフェ / 中庄駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

RE:CYBORG

Img_0580

最終日、最終上映だったサイボーグ009を観に行ってきました。

00ナンバーサイボーグ達も一任を解かれ、それぞれの国で生計を立てている。
おりしも世界中で爆破テロが連続して起こり、
実行犯は『彼の声』という謎の言葉を残して自殺して行く。
そして島村ジョーはうつっぽい高校生、
今まさに東京の高層ビルを爆破しようとしていた・・

石森章太郎さんの原作は、サイボーグ手術によって超人的な能力をもった主人公たちが
協力して悪と戦うというヒーローものだったが、これは大人むけの現実をちょっぴり加味したストーリーになっている。

ストーリーはともかく、3Dむけに作られた画像はクールで楽しめた。
もはや、子どもの頃のような妄想はできないけれど、
あの頃、機械の体というのはけっこう夢だったのに、
今は闘うのは、人があやつる機械の人型であって、けっこう精神的な疲労を伴う。

今の子供達が、大人になった頃はいったいどんなアニメになっているんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

オフ会

某グルメサイトさまからオフ会の御誘いがありまして、
私大したレビューは書いておりませんが(ノ∀`)・゚・、
おいしいもの食べさせてくれるにちがいないと参加してまいりました。

Img_0571

こちらのオステリア・ダ・スギハラさんでランチでございます。
和風な外観ですが、元は日本料理屋さんだったとのことで納得です。
有名レビュアーさまが参加されていて、ちと足がすくみますが、
おいしいものには勝てませぬ。

Img_0566

参加費は、ドリンク込みグルメサイト会社一部負担です♪
簡単な自己紹介のあと、オードブルとスパークリングワインで始まりました。
最初からがっつり感あります。

Img_0567
お料理出たとたん、みなさん一斉に撮影が始まります。
さすがレビュワーさんの集まりです。Σ( ̄ロ ̄lll)

このあと、温かいお料理で、小ふぐのフリッターと
ピザ生地をにバジルなどで味付けして丸めてあげたものが出て、
スパークリングワインから白ワインへとお酒も変わります。
南欧だからシーフードかと今さらながら納得。

Img_0568_2 

アンチョビと野菜のパスタ。これもボリューム満点。
全部いただいたら、メインが入らないに違いないので、このあとのお料理を聞きます。

Img_0569

メインはお肉で、ご覧の通りおいしそうなんですが、
飛ばし過ぎた私には脂があきません・・・。(ノ_-。)
ワインもオーガニックの赤に変わっています。

Img_0570

もちろんデザートは別腹でございます~~~~~。( ´艸`)プププ

味も大切だけど、お店の方の接客やオーナーシェフのスタンスなど、
食べることのあるある話や、県内のおみやげ情報、お話は多岐にわたり、
あっという間に3時間たっていました。

日頃接することのない分野の方との時間がとても新鮮でした。
参加して良かったです。

*オマケ
Img_0572_2

この日は特別許可をいただきましたが、普段こちらは店内撮影禁止だそうです。

オステリア・ダ・スギハライタリアン / 城下駅柳川駅県庁通り駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »