« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

小倉リーセントホテルは、すぐ横が小倉城を中心とした公園で、恵まれた環境にあります。
ここのレストラン響は、リーズナブルでおいしいと評判なのを聞き、
1泊2食つきで、9800円というお得な洋食プランをお願いしました。

Img_0509

テリーヌやパイ皮包みというスタンダードなオードブルの3種。
グラスワインも400円とコスパも高い。( ̄ー ̄)ニヤリ
このあと、鯛と鮪のカルパッチョが出まして、
見た目はお刺身にドレッシングがかかっているといった風なのですが、
魚の新鮮さがわかるおいしさでした。

Img_0510

 

スープはふかひれスープ。
あれ?ふかひれって洋風かな・・など思わずに深い味わいを楽しみます。

Img_0512

鱸のポワレ。なつかしいメニューですが、おいしくいただきました。
思えば、ケッパーとかを覚えたのも、こういうお料理からだったなぁ。
ここまでくれば、お肉料理も定番の・・(´∀`)

Img_0513

牛ヒレ肉のデミグラスソースキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
つけあわせは、もちろん、にんじんのグラッセ♪
量もたっぷりあり、お腹いっぱいです。

Img_0514

カスタードプティング、チョコケーキ、メロン・ブドウ・干し柿のデザート。

干し柿苦手なのに食べちゃいました。ヽ(´▽`)/

関東の方には、甘い味付けと感じられるでしょうが、九州人にはスタンダードです。

*朝食

Img_0515

お味噌汁とご飯はお代り自由。ドリンクはフリーな朝食。
めんたいこ、高菜とひじきの炒め煮は北九州定番です。

小倉リーセントホテル 響 (和食(その他) / 西小倉駅平和通駅小倉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

せごどん

さて、鹿児島と言えば、西郷隆盛です。

Img_0532

照国神社前にたつ制服姿の西郷さん。
じつは、これはまち巡りバスという観光ポイント12か所を回るバスの車窓から撮りました。

Img_0535

こーんなにぎやかなデザインのバスで、あっちゃん(篤姫)号と
せごどん(西郷どん)号があり、どう違うのかよくわかりませんが、

乗客が私たちだけということもあってか、説明とともに
観光ポイントで写真がとれるように停まってくれました。

Img_0542

じつは、観光用にカゴシマシティビューという市交通局が運行しているバスもあり、
町巡りバスと運行ルートがほとんど重なっているのに、
一日乗車券は相いれないという事情があり、注意が必要です。

どちらにも乗れるように一日乗車券は買わずに、現金で払いました。

Img_0536_2 

城山展望台から桜島を望みます。
噴火が今も続いており、火山灰が降って目がゴロゴロしてしまいます。

Img_0528

ホテルからも、桜島が見えたのですが、窓は火山灰で汚れています。

Img_0529

別にお掃除をさぼっているわけではなく、
毎日の噴火に悩まされているわけで、他県人には想像できない苦労があるんでしょうね。

Img_0534

城山の中腹には西郷さん終焉の地や薩摩義士の碑などもあり、
多くの偉人を排出したことを表しています。

Img_0537

仙厳園、以前は磯庭園と呼ばれていましたが、島津家の別邸です。
島津家の鎧兜に飾られているのは、狐で、島津の守り神だそうです。
戦い巧者であった島津義弘は、
関ヶ原の戦いでさつまの敵中突破という伝説を残しています。
そのほか、守りのない敵を倒すためだけの示現流展示室など、
さつま武士の紹介もあります。

Img_0541

仙厳園に入るには1000円の入場料を払いますが、
中の御殿の中を見学するには別ツアー料金500円(抹茶つき)が必要です。
内部は保護のため撮影禁止、唯一中庭だけが撮影できます。

Img_0539

丸に十の字の入ったお菓子と白い薩摩焼のおわんでお茶が出てきます。
20分ごとに和服の女性が案内するツアーになっているので、あまりゆっくりはできません。
鹿児島市内観光の名所中の名所なので、仕方ないんでしょうか。

薩摩焼・薩摩切子などの特産品の育成や
造船・大砲・製鉄・発電などの近代化に尽力した斉彬の偉業のあともあり、
ガイドさんがついたツアー(300円)40分など、見どころ満載です。

Img_0527

鹿児島中央駅の地下通路には、さつま焼でできた絵タイルがはめてあり、
このような屋久島や種子島などの島の様子や

Img_0526

奄美大島の特産大島紬の文様がタイルに印刷されて紹介されているなど、
鎖国にありながら、いち早く外国の情報を取り入れ易かった鹿児島の
環境がうかがえます。

Img_0544

最後に鹿児島といえば焼酎。
鹿児島中央駅の新幹線改札口の中には、さつま焼酎バーがあって、
このように多種の焼酎が飲めるようになっています。
酔いつぶれてしまうようでは、さつまの男は務まらないということでしょうか。
ちょっとビビってしまいますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鹿児島中央駅

九州新幹線開通で、鹿児島までもずいぶん早く行けるようになりました。
従来、特急の始発・終点となっていた西鹿児島駅は、鹿児島中央駅となり、
モダンで、広くなっていました。

Img_0518

明治維新に活躍した若き薩摩の群像と、商業ビルがなんとも対照的ですね。

Img_0530

今回、泊ったソラリア西鉄ホテル鹿児島のレストランから、駅が眺望できるのですが、
新幹線もここで行き止まり、
駅の上から車両が落ちちゃうんじゃないかという珍しい風景です。

こんな素敵な景色を見ながらいただけるのは、
和DE FRANÇAISE KUWAHARA です。

Img_0521

今回いただいたのは、レディスコース2800円。
この雰囲気と、お味でこれはコスパ十分でしょう。
オードブルのホタテの2種ソース、グレープフルーツ添え。
盛り付けのかわいらしさが写真でよくわからないのが残念。(^-^;
Img_0522
鹿児島ならではの安納芋のポタージュ。
自然な甘さが体にやさしそうです。
Img_0523
お魚料理は、ホタテのベーコン巻。
新鮮さがわかる御味付け、あっさりした感じは和テイストだからでしょうか?
お口直しのシャーベットがでてきまして、
Img_0524
お肉料理は、さつま黒豚のピカタ。
レディースコースと銘打っていても、なかなかボリュームがあります。
Img_0525
もう食べられない・・といいつつデザートは別腹なのはお約束です。ヽ(´▽`)/
アイスクリークとラングドシャをきのこに見立ててるんでしょうか、
フルーツも柿が添えられていて、秋ですね。
苦手なメロンも食べちゃいました。(゚0゚)
ワインもおいしくいただき、また鹿児島に行った折りにはぜひ食したいです。
*オマケ
Img_0531
朝食のブッフェもさつまあげを始め、ゴーヤのおからサラダ、黒豚コロッケなど
名産を使ったメニューが豊富で、おいしかったです。
これで1200円は、関東圏内では考えられないお値段です。

ワデフランセイズクワハラカンフレンチ / 鹿児島中央駅前駅鹿児島中央駅高見橋駅
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

どうぶつドーナッツ♪

Img_0458

回転まんじゅうのお店が、ドーナツのフロレスタに変わっていました。
自然な材料を使っているドーナツやさんですが、
関東のお店にかわいいドーナツを作っているところがあると、
ツイッターで話題になってました。
近くのお店で買えるとは、うれし♪

他にもカエルや犬のドーナツがありましたが、
食べすぎ大敵、お値段もひとつ200円とちょっと高価なので、ひとつづつです。

これを見た子ども、『わ~、かわいい、何これ、たべられな~い。』
と言った舌の根もかわかないうちに パクリと食べました。!(・oノ)ノ

『だって、早く食べないとおいしくないじゃん。』 ・・・・・・たしかに。
無添加なので、早めにたべて下さいと書いてある。
耳のところがくるみでできていて、お味もよかったです。

フロレスタ 福山ポートプラザ店ドーナツ / 福山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

古民家パン屋さん

昼間はまだ汗ばむことがありますが、風が涼しく気持ちよい秋となりました。
ドライブに出かけて、一休みしようと入ったSAには、
ゆるキャラ(?)のお出迎えがありました。

Img_0477

なにしろ昼間は汗ばむぐらいの気候ですから、
シートベルト君も一休みして、ひっこめた手は中で汗をふいていました。( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_0478

久世ラジウム温泉の看板に引かれて、着いたのは社協が運営する百楽苑。
入湯料300円で、着いた時は貸し切りでした。

Img_0484

車を走らせて中国勝山へ。
古民家のパン屋さんで、中でイートインできます。

Img_0479

レトロなショーケースには、おしゃれなパンが並んでいます。
クミンシードとゴーダチーズのパンとワインをいただきました。
外はパリっとしているのに、中はもっちりしたパンです。
ワインに合う大人のパンです。
くるみとはちみつのピタパンも変わった食感で、おいしかったです。

Img_0487

ハンドメイドの皮製品を売っているお店から外をのぞいたところ。
自由に写真を撮ってくださいと書かれていて、作成されているところも
絵になるのですが、さすがにそれはためらわれました。(^-^;

Img_0485

シンプルで、使いこむとかっこよさそうです。
値札がトランプというのもおしゃれですね。

Img_0492

最後に北房のコスモス畑でコスモスを満喫。
コスモスがゆれる風に秋を感じます。

タルマーリーパン / 中国勝山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »