« 迷いの窓、悟りの窓 | トップページ | 関門海峡花火大会 »

着物は京都

Img_0349

ずいぶん前になってしまいましたが、祇園祭りの稚児さんの衣装。
絽の振りそでですが、着るのは男児。
伝統ある京都だけに、和装については品質の良いものがふんだんにあります。

Img_0353

これは街で見かけた雑貨やさんで売っていたビーズの帯締めと
貝で作った帯どめです。
以前ビーズで帯締めを作ろうとして、あまりの細かい作業に目が疲れて断念したので、
正直お買い得でした。
画像では分かりずらいですが、光の当たり方によって色が違って見えます。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

帯どめも何にでも合いそうなシンプルなものにしました。
セットで●千円でした♪(お店の人が内緒にしてということなので)

Img_0370

最後に伊衛門カフェに行きましたら、2階が千總ギャラリーと
友禅の技法を生かしたモダンな小物などのショップになっておりました。
http://www.sohya-tas.com/

祇園祭りのときには、呉服街もバーゲンをやっていて、
B反(といってもわからないほどの織傷等)でも、目を引かれるような物もあり、
『京の着倒れ』といわれるだけはあるなぁと思います。

|
|

« 迷いの窓、悟りの窓 | トップページ | 関門海峡花火大会 »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/46906351

この記事へのトラックバック一覧です: 着物は京都:

« 迷いの窓、悟りの窓 | トップページ | 関門海峡花火大会 »