« グランディ鳴門 ザ・ ロッジ | トップページ | カフェ かもめ亭 »

鳴門市ドイツ館

グランディ鳴門から県道を15分ほど走ると鳴門ドイツ館があります。
ドイツ館といっても、テーマパークのようなものではなくて、
第一次世界大戦の後、ここ板東の地にドイツ兵俘虜約1000人ほどが収容され、
勤勉なドイツ兵俘虜が日本人と交流し、
音楽や酪農などの技術を教えてくれたことを記念してつくられたものです。

Image26100

建物は姉妹都市のリューネブルグ 市庁舎を模して作られ、2階が資料館になっています。
音楽活動が盛んで、ベートーベンの第九を日本で初めて演奏したので、
第九の里と呼ばれ、横の丘に大きなベートーベンの像と、
すぐとなりに道の駅第九の里があります。

Image26200

訪れた日は、ドイツフードフェアをやっていて、
ドイツビールやワイン、コーヒー(世界第3位の消費量だそうです)、
プレッツエルなどのパン、お菓子などが展示販売され賑わっていました。

Image263

飲み口の厚さや口触りが味にも影響するのか・・φ(・ω・ )メモメモ
半開きにした時と同じ厚さが好まれる・・自然だからでしょうね。
黒ビールと、ナチュラルなビール、プレッツエルにチーズを購入しました。
あと、ドイツのピクトグラム、アンペルマンのトートバッグを買いました。

Image264

ドイツ館の1階に飾られていた豚の像。
鳴門名物がデザインされて、おもしろい。
今回行けませんでしたが、徳島には
人形浄瑠璃で有名な阿波の十郎兵衛の屋敷跡もありますね。
鳴門って、ワンダーランドかも。

|
|

« グランディ鳴門 ザ・ ロッジ | トップページ | カフェ かもめ亭 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/42014732

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門市ドイツ館:

« グランディ鳴門 ザ・ ロッジ | トップページ | カフェ かもめ亭 »