« シャトレーゼ素材体感フェア | トップページ | グランディ鳴門 ザ・ ロッジ »

大塚国際美術館

シルバーウィークの始まりは雨。
曇り空を危ぶみながら、徳島の大塚国際美術館へ行ってまいりました。

Image24601

鳴門大橋の袂、鳴門の渦観光に並んで、地下3階地上2階の美術館があります。
ここの大きな特徴は、世界の名画が原寸大で陶板に再生されていることです。
つまり、すべてレプリカということです。

Image253

広大な美術館は、あの大塚製薬が記念事業として建てたそうです。
地下3階の入り口を入ると、美術館ロボットのアートくんがいます。
ちゃんと、青と白のイメージカラーでCMも入っています。

Image24404

自動販売機も大塚製薬の製品が並びます。ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
展示数が、はんぱないので、インターネットで週末ギャラリートーク参加を予約しました。
今回のテーマは、ヨーロッパ美術散歩『散歩に出よう! 情熱のパリ編』です。
神田正輝さん似の学芸員さん(?)のガイドで、広大な美術館をツアー、
違うツアーの一行とも遭遇しましたから、いくつもツアーがあるようです。

Image251

宗教画や、モナリザ、ルノワール、マネなど印象派の名画から、
ピカソのゲルニカなどの現代美術までの時系列別展示だけでなく、
モネの大睡蓮を再現しているコーナーとか、古代地中海の陶器、
モザイク画や、聖堂の復元など、絵画にとどまりません。

Image252

ともかくはんぱなく広い。地上入口が地下3階というのも手伝って、
ココハドコ状態、気がつけばなんか疲れてる・・( ゚д゚)ポカーン

Image24506

モネの大睡蓮を再現しているコーナーが 見えるところに
Cafe De Giverny(カフェ・ド・ジヴェルニー)があります。一休みしない手はありません。

Image24702

本日のスィーツセット650円。
スィーツがふたつ選べるので、プリンとアプリコットタルトをチョイス。
紅茶だけ(450円)だとポットでいただけるようです。
美術館のカフェとしては、良心的価格です。

モネの大睡蓮を囲むように、外にもテーブルと椅子があるので、
気候の良いときは、外のほうが人気かもしれません。

地上2階は2棟に分かれていて、地上1階で繋がっているという迷路化まであり、
気がつくと、閉館時間が迫っていました。Σ(・ω・ノ)ノ!
つかれた・・・・・

カフェ・ド・ジヴェルニー カフェ / 鳴門市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.0

|
|

« シャトレーゼ素材体感フェア | トップページ | グランディ鳴門 ザ・ ロッジ »

カフェ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/41835008

この記事へのトラックバック一覧です: 大塚国際美術館:

« シャトレーゼ素材体感フェア | トップページ | グランディ鳴門 ザ・ ロッジ »