« 食い倒れ? | トップページ | たまさか人形堂物語 »

チヨ子

チヨ子 (光文社文庫)

amazonのポイント10倍&送料無料につられて購入。
宮部みゆきさんの短編・中編集だからどれもおもしろく読めるし、
表題作のチヨ子はネタバレになるが、バイトで着た着ぐるみを通して見ると、
人が子どものころに大切にしたぬいぐるみやおもちゃに見えるというストーリー。

これを読んで私は、小さな頃に大きなクマのぬいぐるみを大事にしていたことを
思い出した。当時めずらしく大きなぬいぐるみは、懸賞で当選したものだった。
名前はつけてなかったように思う。
だれしもがそういうものを持っていて、共感できることを
シチュエーションにもっていくところが、やはりうまいなぁと思う。

最後の『聖痕』は、いろいろ考えさせられる作品で、
福祉の分野と重なる所も多く、たしかに現実にそういう事例はあるのだが、
もうちょっとなんとかすっきりとしたラストにならなかったのかと思う。
しかし一抹の不安、これが宮部みゆきなんだろうな。

チヨ子 (光文社文庫)

著者:宮部 みゆき

チヨ子 (光文社文庫)

|

« 食い倒れ? | トップページ | たまさか人形堂物語 »

読んだ本【た】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チヨ子:

« 食い倒れ? | トップページ | たまさか人形堂物語 »