« 黄砂の伯方島 | トップページ | 浜納豆 »

ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ

新幹線の中で読書しようと思い立って、駅の本屋やさんで選ぶこと数分。レンタル猫というのがおもしろそうだし、7つの短編で構成されているのも、都合が良いと思って購入。

レンタルだから、飼い主が変わっても落ち着いていられるように、小さな時から慣れ親しんだ毛布をつけて、貸し出される猫たち。レンタルされる猫もさまざまな種類、レンタルする人の目的もさまざま、そして紡ぎだされる物語もさまざま。

重松清さんの作品だから、ほのぼのとしたストーリーではなく、むしろ絶望からの再生感の感じられるストーリーたちである。

ブランケット・キャッツ

著者:重松 清

ブランケット・キャッツ

|

« 黄砂の伯方島 | トップページ | 浜納豆 »

読んだ本 【は】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブランケット・キャッツ:

« 黄砂の伯方島 | トップページ | 浜納豆 »