« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

レディは大食い(?)

梅雨入りいたしました。
低気圧が近づくと、片頭痛がしてしまう私と娘。
痛みどめを飲んで少し寝て、元気が出たらお腹も減って、中華をいただきました。

Image23702

このボリュウムがっつり男性向きと思ったら大間違い。( ´艸`)プププ
これがレディスセット(980円)なんです。
3種前菜、シュウマイ、エビ餃子などの蒸しもの、チャーハン、エビチリ、卵スープ、
ゴマ団子、杏仁豆腐。
さすがに食べきれなくて、パックにつめてお持ち帰りしちゃいました。

ここの店員さんは、中国の方たちなので、店員さん同士の中国語の会話に
中国に行ったら、こんな感じなのかな~(チンプンカンプン)と思います。
お料理は、日本人向けなんでしょうけどね。(´,_ゝ`)プッ

スポーツ倶楽部の団体さんとかもよく見かけます。
市内に3店ほどの支店がありますが、どこも
安い、うまい、早い、気軽に入れるお店です。

中国料理長城 神辺店中華料理 / 湯田村駅道上駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夏支度

日中は夏のような気候です。
なんだか、去年並みの夏の暑さを予感させます・・。ι(´Д`υ)アセアセ
数日前は、嵐のような雷と風と雨。
これ以上天災に見舞われませんように。

Image245

気を取り直して、壁の手ぬぐいを涼しげなものに替えました。
永楽屋さんのものです。
木陰と桶に入った金魚が涼しさを呼んでくれるでしょうか。

Image243_2

そして、久しぶりにキャナリー・ロウでランチをいただきました。
平日にも関わらず、女性客でいっぱいでした。
元気をださなきゃね。

Image24401

ランチは、飲み物とオードブルがフリー。
デザートは、オプションになりますが、オードブルで食べ過ぎてしまって、
たいがいデザートの頃は満腹。
メインの季節のパスタは春キャベツとグリルしたエビでした。
そろそろ夏メニューになってもおかしくない暑さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

功殻機動隊S・A・C

Sss_3d_poster522

手のひらに梵字のある男たちが次々に自殺する。
彼らが残した言葉、くぐつまわしの正体は?

3D映画初体験です。
メガネをかけて観るのですが、違和感なく観られました。
アニメの画面に電脳データの画像が立体的にかぶるのは、
自分が電脳化されたようで楽しめます。

前作のイノセンスと同じように小さな謎が散りばめられています。
(私がわかってないだけ?)
外部記憶装置、擬態、電脳化、独自の用語も慣れてきました。
ビーグル犬が出てこなかったのがしょんぼりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

グラマー・ペインでコーヒーを

3日雨が降り続き、5月の爽やかな日がないまま梅雨に入ってしまうのかと、
がっかりしていましたが、今日は新緑の気持ちのよい日でした。
冬物を片付けて、洗濯ものが風になびくのを見るのも楽しく感じます。
あとは、美味しいものがあれば、幸せマックス・・・゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

Image23804

団地の横にある、ちょっと年季がはいった小さな店舗。
失礼ですが、ここが人気のパンやさんとは見えないでしょう?

Image23700

しかも売っているのは素朴なパンではなくて、
外はパリっとして、中はやわらかなフランスパンやふっくらなミルクパンなどで、
内部は、こんなにおしゃれ。

Image23601_2

そして信じられないことに、炒りの深いコーヒーが無料でいただけるのです。
焼き立てのパンといっしょにその場で食べられるように、
こんなコーナーも設けられています。

Image23905

パンもミルクパンが36円からとお手頃価格で、
お客さんが多いから、次々と焼いて焼き立てが買えるという好循環。
店名のgulamour pain とは魅力的なパンという意味だそう。
たしかに、魅力的です。( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

3時を回った時間でしたが、今日は戸外が気持ち良かったので、
店舗の前でいただいている方達を見かけました。
私も、コーヒーをおいしくいただきました♪
とても幸せな気分になれました。

グラマー・ペイン パン / 福山駅
昼総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Lupin the 3rd

Image241

ルパン三世がアニメ化40周年ということで、展覧会が開かれています。
ほんとうに子どもから大人まで知られている作品ですよね。
ちょっとずっこけた感じでありながら、
最後は観客をうならせる大どんでん返しがあって、
漫画ならではの楽しさがあります。

Image24000

原作は飄々とした大人向けのもので、独特な雰囲気でしたが、
TVや映画でアニメ化されたルパンも微妙に違うんですねぇ。
英語で翻訳された版もありましたが、またく違和感がなく感じられました。

しかし思うに漫画は、一昔前はサブカルチャーと言われて、
美術とはいわれませんでした。
さらにもっと昔は漫画は低俗とされ、アンダーグラウンドなものでした。
40年ひろくみんなに支持されれば、芸術と認められるんだなぁ。
新しいことって、こうやって社会に認められていくんでしょうね。

Image24201

美術展のおみやげに金の延べ棒を。
中には、ルパン金貨がざっくざく♪
もちろんコインチョコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

浜納豆

Image23901

乗り換えの浜松のキヨスクで見かけたのが、この浜納豆。
納豆といいながら、常温でおいてあるし?(´~`)。゜○
思わず『甘納豆ですか?』と聞いちゃいました。

キヨスクの方のお話では、甘納豆でもなく、普通の納豆でもなく、
このへんの郷土食で、年配の方はご飯にのせて食べるとか。
一袋240円と安価でもあったので、うなぎパイとうなぎの骨せんべいとともに購入。

パッケージには、家康公も好物だったと書いてあります。
開けてみると、

Image24001

Σ(゚□゚(゚□゚*) 真っ黒で、ちょっとねばねば。
だまされたと思って、パッケージにかいてあるように、小さく刻んでネギといっしょに
ご飯にのせて、食べようと思ったものの食指が動かず、
お茶漬けにしてみました。

(σ・∀・)σうむ。
豆からの味噌のような味と浜納豆に入っている細く切った生姜が、お茶漬けにぴったり♪
パッケージによると、大豆を糀菌で発酵させて、1年以上熟成させたと書いてあります。
味は味噌に似ているけれど、味噌より深く、コクがあると・・。
たしかに、味噌と原料が同じですもんね。
まだまだ、食べたことないものがあったのねぇ。

のぞみでは通過したことも気づかない浜松駅ですが、
乗り継ぎに降りたおかげで、知らないものに出会うことができました。
突っ走っているときには見えないものが、
ペースを落とすと見えてくることがあるのですね。

Image24301

新富士駅から見た富士山。
画像では、ちと見にくいですが、リアルにはきれいに見えました。
おまかせのツアーにはないこんなオマケがあるから、個人旅行は楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブランケット・キャッツ

ブランケット・キャッツ

新幹線の中で読書しようと思い立って、駅の本屋やさんで選ぶこと数分。レンタル猫というのがおもしろそうだし、7つの短編で構成されているのも、都合が良いと思って購入。

レンタルだから、飼い主が変わっても落ち着いていられるように、小さな時から慣れ親しんだ毛布をつけて、貸し出される猫たち。レンタルされる猫もさまざまな種類、レンタルする人の目的もさまざま、そして紡ぎだされる物語もさまざま。

重松清さんの作品だから、ほのぼのとしたストーリーではなく、むしろ絶望からの再生感の感じられるストーリーたちである。

ブランケット・キャッツ

著者:重松 清

ブランケット・キャッツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

黄砂の伯方島

ゴールデン・ウィークですね。
お天気にも恵まれ、しまなみ海道をひた走り伯方島へ行ってまいりました。

Image244

伯方島は、もちろん伯方の塩で有名な島。
そして、船折り瀬戸とよばれるほど急な潮流の箇所があります。
本来ならこの時期このお天気なら、くっきり島影を見ることができるはずなのですが、
今年は驚くほどの黄砂で、ぼんやりしているのがわかるでしょうか。

Image247
この伯方島の絶景ビューポイントに立っている魚常(うおつね) 梅が花で、
お昼をいただきました。

Image24200

魚卵の先付け、お刺身、茶碗蒸し。
魚卵の味付けがとてもおいしかったです。
お刺身も、瀬戸内の新鮮なお魚が分厚く、タイラギも大きくて食べ応えがありました。

Image243_2 
煮魚は、ふぐです。
調理師さんの意気込みが感じられますね。
ちょっと塩味が強く感じられましたが、ペロリです。
日本酒といっしょなら、ぴったりでしょう。
車で行ったので、飲めなかったのが残念ですが、
伯方島のオレンジで作った100%オレンジジュースはオススメです。

Image245

揚げものの海老フライとたこのフライ。
海老フライも大きいし、タコもやわらかです。
このへんでもう満腹感がするのですが、ご飯がまだです。(^-^;

Image246

ご飯は、にぎりずし、あらの澄まし汁がつきます。
瀬戸内の新鮮な魚づくしのランチで、これで3150円です。
お魚を存分に味わいたいときにおすすめです。

ちなみに伯方の塩の工場は、伯方島だけでなくおとなりの大三島にもあります。

Image23903_2 
そして、工場見学(無料)ができるのは大三島のほうで、
工場内で売っている塩ソフトクリーム(300円)は、コーンが普通と甘めが選べ、
食べなきゃって感じです。(*^ー゚)bグッジョブ!!
おみやげ売り場では、塩飴、塩羊羹、塩キャラメル、塩チョコ、塩せっけんと、
塩に因んだ商品がたくさん並んでいました。

魚常 梅が花 寿司 / 今治市その他)
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

熱海倶楽部迎賓館

宿変えで、2泊目は熱海倶楽部迎賓館へ。
熱海ゴルフ倶楽部の宿泊棟として作られた経緯があるようです。

Image271

地方のゴルフ倶楽部は、とんでもない山の中にあったりしますから、
こちらは観光地も近く、都会的といえると思いますが、
交通の便から言いますと、タクシーに頼るしかないようです。

Image264_2 

お料理は、和懐石。
山芋とえびと山菜の先付け。
お酒は大村屋酒造場の『おんな泣かせ』というユニークな純米大吟醸。
とてもいいかおりのするお酒で、なんでこんな名前なのでしょうね。

Image265

かんぱち、金目のたたき、ほたるいかの御造り。
二日目ですので、適量でございます。

Image266

鰆のほう葉焼き。よく葉に包んで、葉ごと焼いてあることが多いのですが、
これは焼いてから葉に包んだように、葉が緑で美しいです。
黄色いものは、チーズを焼いたもので、鰆といっしょに食べると引き立ちます。

Image267

碗もの。色どりが美しいですね。

Image268
野菜のてんぷら。
これに、ご飯とお味噌汁、香のものがつきます。

Image269

デザートのロールケーキ、いちご添え。
新緑といちご、春のイメージです。
デミタスのコーヒーがついていたら文句なし。
若い方なら、物足りないかもしれませんが、若くなく二日目の私にはお腹いっぱいです。
景色のよさも、クールなインテリアもお食事においしさをプラスしています。

しかし、やはり朝食の和定食はカックリきました。
宿での最後のお食事なので、朝食が充実していると満足感がアップします。

Image270

大浴場も、部屋数が少なく、お部屋に温泉がついているせいか貸し切り状態です。
サウナと大浴槽のみですが、眺めが良く、贅沢な気分にひたれます。

Image273

お部屋の温泉は、窓を開けると半露天風呂になります。
24時間いつでも入れるというのは、いいですね。
しかし、カビの臭いなんでしょうか、窓を開けていないと辛いものがありました。

いつもの露天風呂つき客室での1泊分で、2泊できて、
お得感たっぷりの熱海でした。

熱海倶楽部 迎賓館 旅館 / 熱海駅来宮駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »