« ヴァン・ショーをあなたに | トップページ | 謹賀新年 »

タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)

パ・マルのシリーズの第一作である。
パ・マル(悪くないの意)のシェフ三船の家庭的なフレンチの腕と洞察力を余すことなく著している。

読んでいると、どうにもフレンチが食べたくてたまらなくなる。しかし、シェフだって知っている、食事には、おいしさを楽しむ食事もあれば、生きていくために必要な栄養を摂るという食事もあるということを。そしてそれは、おいしいとは言えなくても相手を思う心から作られることもあるのだということを。

最後の「割り切れないチョコレート」の編では新しいチョコレート専門店の詰め合わせの数は、7、11、13など、いずれも割り切れない数。その数に秘められたオーナーの気持ちには、思わず心を揺すぶられる。

そして、次巻の表題にもなるヴァン・ショーが毎回といってよいほど、出てくるのだ。ぶっちゃけると、ワインの湯割りですと。

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)

著者:近藤 史恵

タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)

たまらなくなって、出かけたフレンチのランチ

Image233_2

大根のポタージュ。クルトン ならぬ生ハムのビッツに黒コショウでアクセント。

Image23400_2

スプーンにのせた豚肉のリエット、テリーヌ、生ハムの盛り合わせ。

Image23500 

季節の野菜と子羊のトマト煮込み。
ほろほろにとろけました。ヽ(´▽`)/
スペインの濃厚な赤ワインといただきました。

Image236

デザートは、クリームブリュレと豆乳のソルべ。
幸せでございます♪

ラルドワーズ フレンチ / 万能倉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

|

« ヴァン・ショーをあなたに | トップページ | 謹賀新年 »

読んだ本【た】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タルト・タタンの夢:

« ヴァン・ショーをあなたに | トップページ | 謹賀新年 »