« サライブロガー | トップページ | いのしし丼♪ »

陰陽師 天鼓ノ巻

陰陽師 天鼓ノ巻

陰陽師シリーズ7作目。
変わらぬ晴明と博雅である。
今回大きな役回りは蝉丸。
百人一首にも歌を残している蝉丸については、いくつかの伝説があり、存在自体危ぶまれる人物である。

この作中では、心離れたことが元で亡くなった北の方を『心はあげられないが、生命はあげられたのに』と言って自分に取り憑かせている。憑き物を払う晴明にも、人と人の心には踏み込むことができないのである。

また蝉丸は酒を飲むのは、風をいただくという。酒を頂く前に、杯に入った酒の上を吹いている風を飲むというのだ。
晴明や博雅と共に、晴明邸の庭を眺めながら、杯の風を味わいたいものである。

陰陽師 天鼓ノ巻

著者:夢枕 獏

陰陽師 天鼓ノ巻

|

« サライブロガー | トップページ | いのしし丼♪ »

読んだ本 【あ】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師 天鼓ノ巻:

« サライブロガー | トップページ | いのしし丼♪ »