« 伏見寺田屋 | トップページ | ナビに連れられ善光寺 »

月桂冠大倉記念館

伏見は、ご存じのように酒どころ。
灘・西条とともに3大酒どころだそうです。

そのひとつ月桂冠の大倉記念館に見学に行きました。
伏見は良質の地下水に恵まれ、伏見城が築かれると大城下町となりました。
その後、水運の整備が進み、京や大坂への交通の要所となります。
龍馬も、そういった理由で定宿にしていたのでしょうが、
港町、宿場町として栄えるとお酒の需要もまた増えるわけです。

Image20504_2

入館料300円(おまけつき)のおまけが左のカップ酒です。
団体旅行のルートになっており、ゆっくり見学するのは難しいです。
試飲できるものも、3種類だけと限られており、
全体的にリーズナブルな感じをうけました。

仕込み水がのめるようになっており、とてもやわらかな水でした。
したがって、できるお酒もまろやかな味。
薄口の京料理に合うお酒らしく 、淡麗辛口というと、水の如しです。

私としては、長野や富山のお酒のようにキレのあるものが好みですが、
そういえば、そういう地方は味付けが濃いかなと思います。

Image20601

zipangと名付けられたスパークリング清酒はアルコール度数7%、
淡い伏見のお酒には適しているかとも思います。
ビールのように呑みやすい日本酒をめざされているんでしょうね。
あと、この時期限定のひやおろしもいただいて、後にしたのでした。

伏見には以前いただいた松本酒造さんなどもあり、
ゆっくり酒蔵めぐりがしてみたいものです。

|
|

« 伏見寺田屋 | トップページ | ナビに連れられ善光寺 »

お酒・ワイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/37269556

この記事へのトラックバック一覧です: 月桂冠大倉記念館:

« 伏見寺田屋 | トップページ | ナビに連れられ善光寺 »