« 6TEEN   | トップページ | 京都国立近代美術館 カフェ »

文学少女

萌え系の画像だったのですが、文学というところにひかれて入場。

ローティーンの男子3人と私だけでした。

高機能自閉症といってもいいような遠子、PSTDの井上、

成育歴に問題がありそうな美羽。

心理学的に言えばそうなんですが、

宮沢賢治の作品が絡んで、ラストは意外に泣けました。

遠子が、セラピストの役をするのですね。

そこまで人を分かるには、人生経験がいるのですが、

セラピストがおばさんより、

ちょっと年上の綺麗な人のほうがいいですからね。(´,_ゝ`)プッ

文学への入口が、アニメでもいいと思います。

(画像は番外編の短編集です。)

|

« 6TEEN   | トップページ | 京都国立近代美術館 カフェ »

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文学少女:

« 6TEEN   | トップページ | 京都国立近代美術館 カフェ »