« 初詣 | トップページ | 冬の町家てぬぐい »

おそろし

おそろし 三島屋変調百物語事始

おちかは、ある事件の後、
叔父の神田三島町の三島屋に身を寄せることになる。
ある時、急な叔父夫婦の留守に、
話相手をしたのがきっかけで、
百物語を聞き集めることになる。


さすが宮部みゆきさん、
階段を進むように、
不気味さを増しながら、トントンと話は進んでいく。

不吉とされる彼岸花、綺麗だと思うのですが。

おそろし 三島屋変調百物語事始

著者:宮部 みゆき

おそろし 三島屋変調百物語事始

|

« 初詣 | トップページ | 冬の町家てぬぐい »

読んだ本 【あ】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おそろし:

« 初詣 | トップページ | 冬の町家てぬぐい »