« 九谷焼で味わう | トップページ | 加賀麩不室屋本店 »

加賀友禅

長町武家屋敷の外れに長町友禅館かあります。

2Fが入口になっていて、350円の入場料を払います。

Image146

Image14700

3Fから順路となっていて、加賀友禅の工程や特徴、作品が紹介されてます。

また、このように仕事場も公開されています。

加賀友禅は和の伝統的モチーフである花鳥風月を多彩な色遣いで

(現在は化学染料を使うので数百色あるそうです)染めているものです。

Image148

加賀友禅と結びついた花嫁のれん。

越中、加賀では花嫁道具として欠かせないものだとか。

Image149

見事なものです。

百日のお祝い着を連想させますね。

加賀友禅の特徴は、ぼかしと虫食いだそうです。

ぼかすこと(京友禅と逆方向)で、遠近感をあらわしたり、

葉に虫食いをいれることで、アクセントにしたそうです。

着装体験もあるようで、若い女性が武家屋敷街でお茶していましたが

化繊で作り帯のようでした。 

う~ん・・・なんだかなぁ。(._.)

長く着れば、良さがわかるものなのでしょうが、

染めの着物となると、普段着とはいきません。

どうしてもフォーマルな感じになってしまいます。

着物が主役で、人は添え物になってしまう危険さえあります。

新しい感性が求められているのかもしれません。

|

« 九谷焼で味わう | トップページ | 加賀麩不室屋本店 »

着物紀行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加賀友禅:

« 九谷焼で味わう | トップページ | 加賀麩不室屋本店 »