« 鷺と雪 | トップページ | ガンダムの行方 »

那須の与一の墓

この夏、那須高原を訪れ殺生石を見て、それが砕けて

飛んで行ったのが美作(現 岡山県真庭市)だったのを知りました。

同時に那須高原は那須の与一ゆかりの地なので、

不思議な気持ちにとらわれたのです。

というのは、備中荏原庄(現 岡山県井原市)には

那須の与一公墓とされるところがあり、規模はささやかながら、

与一に因んで弓道大会やお祭りまで催されるからです。

Image13900

ここも車一台(しかも軽がベスト)通れる山道を進んだ先の、

何もない山の中にあるこじんまりしたものです。

よくわからなくて車を進めると行き止まりになっていて、

横の崖に階段が見えました。

バックで戻るしかなく、少し戻ると上り坂になっていて、

そこを上がると広いところがあって、方向転換や駐車ができ、

そこからこんもりとした木々に囲まれた公墓に行けるのでした。

Image13800

なぜこんな所に置いたのか、由来を見てみましたら、

与一は屋島での手柄で、この土地を拝領したらしいです。

京都に埋葬されているというのが定説で、

遺骨などはお祭りしていないようです。荏原(えばら)那須氏というのは、

与一の血縁者なんでしょうか。

そして、みごと的を射ること、一を与えるということで、

合格祈願のパワースポットになっているんですね。

なんだか、歴史発見それもミステリーじみたサイトになってまいりました。

(´,_ゝ`)プッ

|
|

« 鷺と雪 | トップページ | ガンダムの行方 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/31200744

この記事へのトラックバック一覧です: 那須の与一の墓:

« 鷺と雪 | トップページ | ガンダムの行方 »