« ハウステンボスJR全日空ホテル | トップページ | YOUKAI »

人間失格・桜桃

人間失格・桜桃 (角川文庫)

太宰治生誕100年ということで、書店では太宰コーナーができてました。

最近文庫のカバーが非常に個性的になってます。

今年角川は祖父江慎デザインで、インパクトのある写真を使っています。

ジャケ買い(?)です。

私小説といってもよいこの小説。

お金持ちの女たらしのボンボンの堕落した話、

と集約するには訴えるものが強すぎると思う。

「なぜお酒を飲むの?」

「お父ちゃんはね、お酒は好きで飲んでいるのではないんですよ。あんまりいい人だから、だから・・・」

ナイーブな故に神経をすり減らし、お酒に逃げるのだと

編集社に勤めるシヅコは理解するが、それでも彼を救うことはできない。

よく言われることであるが、

生きるということは、極めて個人的な問題で、

その言葉の深さを知るには、人生の積み重ねがいるのだ。

帯によると映画化されるらしいけれど、描ききれるのかな・・・

人間失格・桜桃 (角川文庫)

著者:太宰 治

|

« ハウステンボスJR全日空ホテル | トップページ | YOUKAI »

読んだ本 【な】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間失格・桜桃:

« ハウステンボスJR全日空ホテル | トップページ | YOUKAI »