« 保多織りのお値段 | トップページ | 玉砕必須 »

アメリカの味

Image031

キャンベルのスープの缶をモチーフにしたのは、アンディ・ウォーフォール

たくさんの缶を並べた作品に、やられたと思ったものでした。

アメリカを代表する大量生産の味なんでしょか。

私的には、これとハーシーのチョコ、

コンビーフの缶詰ならぬチューリップのランチョンポーク。

味わいながら、アメリカに憧れを抱いたものでした。

高度成長の後では、もはや時代の象徴の感さえします。

叔母に送ってもらったものの、食べきれないのはわかっているので、

缶の裏にこれを使ってチキンのソースがけの作り方が書いてあったのをヒントに

余ったご飯をひいて、玉ねぎとチキンを炒めて缶詰とブロッコリーをいれて、

ドリアに変シーン。

Image032

味付けもほとんどなしで、おいしくいただきました。

いっしょに食べた子供は、アメリカへの憧憬などないでしょうから、

なんの印象も残さないのだろうな。

|

« 保多織りのお値段 | トップページ | 玉砕必須 »

お料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの味:

« 保多織りのお値段 | トップページ | 玉砕必須 »