« うどん地図 | トップページ | 空豆 »

道後夢蔵

名湯道後温泉の和のオーベルジュ「道後 夢蔵」

Pa0_0204

到着後出される手作りの和菓子とお茶。

茗荷に見立てたお菓子でしょうか、中には栗が入っていました。

2年前に訪れたときは、1階はレストランでスィーツなど洋風のものもおいてありました。

チョコレートケーキが出されたのを覚えていますが、

昨年オーナーチェンジがあったそうで、和食だけになったようです。

Pa0_0195

元湯であり、名所でもある道後本館のすぐ後ろに位置し、

各客室の内風呂は、本館から温泉を引いています。

Pa0_0203_2

お食事は「和楽 漱石」と名付けられたレストランのほうで、

名のある料理人さんプロデュースという夢会席をいただきました。

道後ビールとはしつけ・・・だったかな。

白い器に白いお料理は、ちょっと寂しいかな。

Pa0_0202

椀もの。  ちょっと緑があったら・・と思ってしまいます。

Pa0_0201

お造りに日本酒を合わせました。

朱塗りの盆に朱色の鉢。鰆に鯛、ハマチ伝統的といえば、伝統的な素材と器。

日本酒もくせがありませんでした。

  Pa0_0200

お口直しの人参のスムージーのあとのお肉。

普通においしかったです。

Pa0_0198_2

じゃこ飯と香の物。(お汁物がほしぃよ・・・・。)

夜食用におにぎりにしてくれました。

Pa0_0197_2

デザートのグレープフルーツといちごのミルクプディング。

ひとつひとつのお料理はしっかりした素材と技術が感じられるのですが、

コースが安かったのかなぁ・・・会席としては華がない。

誰にでも受け入れられるものは無難ではありますが、

オーベルジュの名を冠するからには、料理人の創意工夫が感じられるもの

(たとえ口に合わなくても)を期待してしまいます。

普通の温泉旅館になっちゃったかな~って感じです。

Pa0_0194

朝ご飯はおかゆで、ちょっとさびしかなと思っていると

Pa0_0193

伊予かんの果汁の入った出汁巻き卵と蒸し野菜がついて、

ボリュームたっぷり。

Pa0_0192

コーヒーとデザートまでつきました。デザートがいちばんゴージャス(笑

地元産の牛乳やペットボトルのお水がサービスされたりと、

温泉地の旅館って感じが盛り沢山でした。

夏には、階上に多人数に対応するお部屋が建て増しされてるそうです。

名前も「夢蔵」が消えてしまうのかもしれませんね。

和楽 漱石 (割烹・小料理 / 道後温泉、公園前、南町)
★★★☆☆ 3.0

|
|

« うどん地図 | トップページ | 空豆 »

オーベルジュ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/73306/29875436

この記事へのトラックバック一覧です: 道後夢蔵:

« うどん地図 | トップページ | 空豆 »