« フリースクープナイト | トップページ | 地獄と極楽と未来 »

玻璃(はり)の天

玻璃の天  【北村薫】


ベッキーさんとお嬢様シリーズ2作目(だったと思われ)。
帝都のにぎやかさを舞台に時代は自由に思想が語られがたい風潮に進んでいく。

その中で起こる事件。
北村薫さんの作品ではめずらしい殺人事件が起こり、それはベッキーさんの過去へとつながっていく。

このシリーズで、やっとおもしろいと思われた一冊だった。これがクライマックスなのかな?

善く師するものは陳(じん)せず、善く陳するものは戦はず、善く戦うものは敗れず。善く敗るるものは亡びず。

玻璃の天

著者:北村 薫

玻璃の天

|

« フリースクープナイト | トップページ | 地獄と極楽と未来 »

読んだ本 【は】行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玻璃(はり)の天:

« フリースクープナイト | トップページ | 地獄と極楽と未来 »